CDせどりのメリット・デメリット

投稿者: |

せどりで成功をするためには、メリットだけでなくデメリットも知っておく必要があります。デメリットを知ることでリスクをある程度回避できるのです。
CDはせどり商品として扱われることが多いものの一つです。ここでは、CDせどりのメリットとデメリットを紹介します。

●CDせどりのメリット
・小さくて軽い
せどり商品はできるだけ安く仕入れることが、成功するためのポイントです。しかし、安く仕入れられても発送料金がかさんでしまうようでは、利益が少なくなってしまいます。
CDは薄くて小さくて軽い商品です。そのため、クリックポストやゆうメールなどで発送することができ、送料を抑えることができます。
また、小さい商品は保管場所をあまりとりません。家電製品のように大きな商品だと在庫保管場所を考える必要がありますが、小さなCDなら自宅でも保管ができます。

・中古商品が充実
毎週のようにCDが販売されていて、CDの種類は数多くあります。新しい商品が続々出ているということは、中古品も数多くあるということです。
初回限定CD、廃盤CD、年代物CDなど、中古品でも高額で取引されそうなものもあります。

・低資金でスタート
せどり初心者の悩みの一つが、せどりを始めるための資金調達です。また、成功するか不安を抱える初心者にとって、いきなり大きな投資をするのはリスクが高いです。
CDは中古品だと1枚100円程度から購入ができます。新品でも数千円です。
中古品を主に扱うのなら、1万円程度あればCDせどりを始めることができます。これならせどり初心者でも抵抗なく始められるのではないでしょうか。

●CDせどりのデメリット
・雑務が多い
どのような商品でもそうなのですが、中古品を仕入れたらクリーニングする必要があります。きれいな状態の方が、中古品を出品する際のコンディションをあげることができます。また、購入者にもきれいな方が喜ばれます。
さらに、CDの場合は傷がついていないかよく確認する必要もあります。傷がついていて音が飛んでしまったり、音楽を聞けないようだと、購入者からクレームがくる可能性があります。

・細かな作業に時間がかかる
仕入れ商品のリサーチ、CDのクリーニング、商品の梱包・発送など、細かな作業に時間がかかります。
CDはプレミアム商品を除いて1枚当たりの儲けが少ないので、それなりに稼ぐためには多くの商品を売る必要があります。1人で多くの作業を行うのは慣れていないと大変です。