トップバズで収益化を目指す利点

投稿者: |

動画を投稿してお金を稼ぐと言うと、Youtubeを思い浮かべる人が多いです。実際にYoutubeでは既にYoutuberと呼ばれる人達が数多く存在しており、人気が高いYoutuberの中には年収が億を超える人もいたりします。確かにYoutubeで上手く人気者になれれば、大金を稼ぐ事が出来る点が魅力的です。ですがこの様に大金が稼げると認知された事で、今やYoutuberの数はかなり多くなっています。
ライバルが多い分だけ、埋もれてしまう恐れが高くなっているのです。同時にYoutubeで収益化するには、それなりに高いハードルがあります。総再生時間4000時間以上とチャンネル登録者数が1000人以上という条件をクリアしないと、広告収入が得られない仕組みとなっているのです。その点、トップバズであればもっと低いハードルで収益化が出来ます。
そもそもトップバズとは、無料ニュースや動画をまとめているアプリの事です。もっともスマートフォン用のアプリだけでなく、サイトも存在しているのでパソコンからでも視聴出来ます。そしてトップバズはYoutubeと同様に、動画をアップする事で広告収入が得られる仕組みとなっているのです。
もっともトップバズでも収益化するには、条件を満たす必要があります。それは閲覧回数が2万回以上で更にフォロワーが100人以上という条件を満たす事です。この条件を満たす事で、収益化の申請を行い、この審査をパスすると収益化が可能になります。条件を比較するとYotubeよりも収益化のハードルが低い点は、まずは魅力です。
トップバズで収益化を目指す利点としては、比較的短い動画をアップすれば良い事も大きかったりします。Youtubeの動画は短い物もありますが、10分以上の長い物もかなり数多くアップされているのです。視聴者の需要的にも、比較的長めの動画の方が人気が高かったりします。そのため動画をアップする際には、ある程度時間の長い動画を作る必要あり、それに比例して撮影時間も長くなるのです。
所がトップバズの場合は、基本的に隙間時間にサクッと視聴可能な短時間の動画が人気となっています。利用者の多くがスマートフォンで、暇潰しに利用するケースが多いので同じ動画でもYoutubeで求められているものと違っているのです。1分以内という短い動画が多く人気も高いので、動画の制作時間も短くて済みます。お陰で色んなジャンルの短い動画を次々にアップして、視聴者数を稼げる動画がどういった動画であるかを探るといったやり方も可能です。この様に手軽に動画を作成出来る点も、トップバズで収益化を目指す利点と言えます。